Raspberry PiでSuperColliderを動かす

RaspPiが非力なのでSCとの取り合わせはガベコレがある以上わるくないと思うが、
なんだかsupercollider_notesとかいうフォルダの中に「気の弱い奴はSC+RaspPiはやらないように」みたいな事が書かれていて不安。その他にもいろいろ不安要素はいっぱいある。RaspPi+SCはまだあまり開拓されてる様子ではない。

USBのAudio I/Fかまして音質は若干よくなったが、それでもhighの音がおかしい。サイン波流してもhighに微妙にヘンなノイズが乗る。かといって、純正DAC使うものなら、サイン波が矩形波みたいな音になる。

まず第一にPdはalsaから直いくがSCはjack介さなきゃいけなくてメンドイ感じ。
あと単純にRaspPi立ち上げからスパコプログラムの実行を自動化の仕方がわからない。

それでも一応EmacsでSC立ち上げてJack経由で音出しもできた。しかし、Saw.arを100個で結構パンパンな感じでクリックのりだした。非力だが、44.1Kでコレなので半分のSRにするという手もある。

作業自体はEmacsしってればできなくがないが、ヘルプファイルがw3m使うので、結構Emacsが重くなり、その割には見難い。

問題は山積みだが、やはり音はSCの方がPdよりいいかも。ためしにTGrains.arとかつかってみたが、44.1kで20%以下に抑えられる。悪くない。

Serialからの情報も取れる。Slice of Pi経由でのXbee情報もとれた。だけど、なぜかSerialPort.listDevicesではXbeeが認識されなかった。不思議。
/dev/ttyACM0 とか直に指定したら認識したけど。


One Thought on “Raspberry PiでSuperColliderを動かす

  1. Pingback: Raspberry PiでSuperColliderを&#2120...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Post Navigation